大きなベッドの特徴や使用感を調べてみましょう

ロゴ

ベッドについて

睡眠

タイプによる違い

まずはフレームの種類について調べておきましょう。色々なフレームがあるので、自分の好みに合ったフレームを見つけることができます。

READ MORE
室内

マットレスの特徴

ベッドのメリットやマットレスの特徴をお教えしています。メリットやマットレスの特徴を把握しておけば、失敗もなくなるでしょう。

READ MORE
ベッド

床板の種類

床板にこだわりたい方は、木材にも注目してみましょう。木材の特徴を把握しておけば、こだわりのベッドを手に入れることができるでしょう。

READ MORE

ベッドを買う前に

婦人

大きさについて

シングルベッドの場合だと、横幅が100cmで縦幅が200cm程です。これは一般的な一人用のベッドと言えるでしょう。ダブルベッドなら、横幅が140cmで縦幅が200cm程です。クイーンベッドともなると、横幅が170cmで縦幅が200cmにもなります。

寝室の広さ

クイーンベッドを利用する場合は、それに合った広さの寝室が必要になってきます。基準としては、8畳の部屋にクイーンベッドを置いた場合、部屋の大半はベッドに占領されます。その為、寝室の広さとしては、12畳程度は最低でも欲しいところです。

扉を通過できるか

部屋の広さを確保できても、もう一つ問題が生じることがあります。それは、扉の大きさです。間取りが十分な部屋でも、扉を通過できなければ部屋に入れることができないのです。クイーンベッドを購入するなら、扉のサイズもしっかりと確保しておきましょう。

エレベーター

マンションに住んでいる方の場合、エレベーターを利用してベッドを搬入することがあります。ですが、エレベーターのサイズが十分でなければクイーンベッドを部屋まで運ぶことができないでしょう。エレベーターで運べるか調べておくことも重要です。

階段で運ぶ

階段を使ってクイーンベッドを運ぶ場合にも、ちょっとした落とし穴があります。それは、踊り場の大きさです。踊り場でベッドを回転させることができなければ、部屋まで運べないでしょう。階段の踊場にも十分なスペースが必要になってきます。

大きいベッドの感想

ローベッドを使用しています【30代男性】

ロータイプのクイーンベッドを使用しているので、部屋が広く感じますね。あと、床との間に隙間がないタイプなので、掃除の手間も省けて便利です。

フレームが強い【40代女性】

引っ越しついでにベッドも買い替えました。フレームが強くて安心ですね。子供が跳ねても壊れる気配がありません。安心して眠れます。

組み立てが簡単【40代男性】

クイーンベッドなので、組み立てに時間が掛かると思っていたけど、簡単でしたね。1時間程度で組み上げられました。使用感も十分で、満足しています。

熱がこもりにくい【20代女性】

熱がこもりにくいので、モワッとした感じがなくて快適ですね。最初はサイズが大きいので床が傷付くのが心配でしたけど、専用のパッドを敷いているので大丈夫そうです。

広くて快適【30代男性】

ベッド自体が大きいので、快適に寝ることができます。シングルベッドを使っていた時は落ちてしまうこともありましたが、今は寝返りを打っても落ちる心配はないですね。大人が寝転がっても余裕のサイズ感と言えるでしょう。

広告募集中