マットレスの特徴やベッドのメリットを紹介

ロゴ

マットレスの特徴

室内

ポケットコイル

横揺れに強いタイプのマットレスです。横揺れを軽減することにより、隣で寝ている方を起こす心配もなくなります。複数人で同じベッドに寝る方に向いているのです。クイーンベッドくらいの大きさなら、ベストなマットレスといえるでしょう。

ボンネルコイルスプリング

面で体重を支えるタイプのスプリングです。局所的に負担をかける心配がないので、体の一部分にだけ負担をかけることもなくなります。通気性が高くて、夏場でも快適です。あまり体が沈み込まないので、寝返りも打ちやすいでしょう。

ノンコイル系

コイルが入っていないタイプのマットレスで、様々な種類があります。低反発のマットレスと高反発のマットレスに大きく分けられるでしょう。基本的に形が自由に変えられるので、収納は楽です。また、比較的価格も低いでしょう。

反発力

マットレスによって反発力が変わってきます。反発力でマットレスを選ぶこともできるでしょう。腰が悪い人の場合には、高反発のマットレスが適しています。逆に、硬いマットレスが苦手な方には、低反発マットレスがピッタリでしょう。

ベッドのメリット

敷きっぱなしにできる

ベッドの場合はマットレスを敷きます。布団とは違って、毎日畳んで収納する手間が省けます。基本的に定期的に風通しを良くしておけば、カビなどのトラブルもなく利用できるでしょう。

ホコリ対策に

一般的にホコリが舞っている高さは、床から30センチ程と言われています。ベッドだと、床から高く離れた場所で快適に睡眠を取ることができるのです。睡眠中にホコリを吸うこともなくなるでしょう。

寝起きも楽

高さがあるので、起き上がるのが楽になります。立ち上がるために必要な労力が少なくなるのです。膝に負担が掛からないので、高齢者や膝が悪い人にとって大きなメリットとなるでしょう。

素材が選べる

基本的に木製のベッドが有名ですが、木材にこだわることもできるでしょう。また、木材以外の素材が使われているベッドもあるので、素材にこだわりたい方にとっては嬉しい要素と言えます。

空間を有効活用

収納スペース付きのベッドや、本棚が付いたベッドなどがあります。空間を有効に使うことができるでしょう。特に、間取りに制限のある部屋だと、ベッドの収納スペースを便利に生かすことができます。

自由に組み合わせる

マットレスとベッドの組み合わせ方を工夫することで、より多くのメリットが得られるでしょう。基本的なメリットや特徴を把握しておくことで、選択の幅が広がるのです。

広告募集中